やはり雪を見喜ぶ子供の心へ戻ろう
by illman5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
パンク♂デイビスjr
北園JAZZ
120水槽
90水槽
60水槽
ミニM(出張)
ミニM
雑記
180水槽
ADA
Stencil Graffiti
鷺巣
アウトドア
未分類
メモ
私はJAZZが大好きです。
レコード収集しています。

▲JAZZ▲
以前の記事
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 08月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
お気に入りブログ
裏のお山で雪とたわむる ...
AQUALiving
another .......
あくえりあす の 水草水...
水景画の世界・・・Mit...
HEROS CAFE C...
上を向いて歩こう
めいどいんぢゃぱーん♪な...
アルコールストーブを創ろう
A.Q.STYLE
f ACTORY STY...
EverGreenDazed
スコレーの棲み家
HPA (high pl...
ZERO-AQUA
Aqua syndrom...
cafe&bar ROC...
green garden
SUIKEIのある家
MIZUKUSA KOB...
小型水槽を極める
あたふたブログ 前景草に...
SwinGlass
ネイチャーアクアリウムに...
岐阜発おしゃれキャンプ?
Nature〝α〟rium
Kamakura AQUA
水草水槽 と 写真 と 音楽
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
上高地~横尾~涸沢~北穂高岳
先週の金曜日の午後3時過ぎに長岡を出発。

午後7時までに沢渡駐車場につかないと8時にトンネルが閉鎖され上高地へ入ることができ

ない事をタクシーを予約する時しった。

慌ただしい出発となりました。

沢渡第二駐車場に車をとめ忘れ物がない事を確認して予約したタクシーに乗り込む。

出発してから15分くらいたったころ相棒の黒人が泣きそうな顔をしてストックを忘れたことを言

ってきたが、そのまま上高地にインしました。

多分その時きっとあいつは本当に泣いてたと思う。

人の忘れ物にかまっちゃいられない俺はそんなあいつの気持ちをフル無視して引き返そうと

はしなかった。スマン。

上高地到着    7時45分

タクシーのおっちゃんに別れを告げた。

俺の相棒は最高な男 到着してザックの中をゴソゴソとまさぐって

カメラも忘れたと言ってきた。

俺のカメラを貸してやるってあいつをなぐさめた、

が自分の荷物を減らそうと思って言ったと瞬時にばれた。

登山届けを書いてると人が集まってきた。

こんな時間から横尾まで歩くといったら熊が出るっていわれ怖くなったが明日のために

歩いた。

上高地~明神へ行く途中若い男の子に熊が怖いから一緒に歩いてもらえないかとたのまれ

三人で夜の散歩がはじまった。

40分間無言で歩いた俺たちは明神にたどり着いた。

自動販売機があったことに感動した俺は炭酸飲料を買って飲んだ。

そして若者に別れを告げ徳沢へ向かって歩き始めた。

森の中を40分歩くと赤い光が見えてきてうれしく思った。

徳沢に着くとなにやら人だかりが

赤灯をまわした車がいた。

どうやら若者が急性アルコール中毒になったらしい。

多分うれしくて盛り上がりすぎちゃったんだよね。

してまた徳沢から横尾へ向かって歩き始めた。

40分後横尾に到着 いくつかテントがはってある もうすでにみんな寝ている様子なので

静かに端のほうにテントを幕営した。そして眠りについた。



朝だ。

c0139545_2333292.jpg


あたりの全貌があきらかに。







c0139545_22141953.jpg

[PR]
by illman5 | 2011-08-24 22:39 | アウトドア
大源太山 
今回はこの登山靴スカルパのデビュー戦。
c0139545_18172062.jpg

この盆の休みに愛犬パンクを引き連れ湯沢にある大源太山に登ってきました。


c0139545_18181097.jpg
c0139545_1818583.jpg
c0139545_18214713.jpg

c0139545_18253952.jpg
c0139545_18264821.jpg
c0139545_18285294.jpg
c0139545_18303920.jpg

c0139545_1834047.jpg
c0139545_1835699.jpg
c0139545_1837345.jpg

c0139545_18384438.jpg

c0139545_1835699.jpg

[PR]
by illman5 | 2011-08-15 18:22 | アウトドア
巻機山 写真集
c0139545_18413333.jpg
c0139545_18442436.jpg
c0139545_18453230.jpg
c0139545_18462697.jpg
c0139545_18475138.jpg
c0139545_18504998.jpg
c0139545_18522482.jpg
c0139545_18554718.jpg
c0139545_1858279.jpg

[PR]
by illman5 | 2011-08-09 18:52 | アウトドア
巻機山  
この前の日曜に黒人と二人で人生初登山巻機山へ登ってきました。
前日から巻機山麓キャンプ場へ黒人の家族とうちのファミリーでキャンプイン。
前夜祭は大いに盛り上がり深夜2時過ぎまで…おかげさまで朝方の四時に起床したときは酔っていてこれじゃあ無理だと思い二度寝。

そして7時に起床すがすがしい朝。のはずが二日酔い。
c0139545_2334455.jpg

朝食を作り荷造りはじめます。
c0139545_2371070.jpg

前日夜到着のため姿が見えませんでしたが、朝になってようやくその全貌が明らかに。
c0139545_23125693.jpg

8時出発。
井戸尾根コース方面へ、この時点ではこのあとの創造をはるかに超えた4時間に及ぶ地獄の山登りにまだ気づいておらず期待を胸に歩いていました。
c0139545_23411272.jpg

登山道へ入るとそこは別世界足元は石がゴロゴロとしていて周りを見る余裕もなく足元を見ながら五合目まで一気に登る。
c0139545_23464789.jpg

五合目付近のブナ林
c0139545_23482084.jpg

六合目から天狗岩
c0139545_23495863.jpg

七合目はガレ場
もうすでに心は折れていたが次第にあたりの様子が変わり始める。
消えかかった蝋燭の火が消えないようしっかりと両手で囲み一歩づつ歩きました。
c0139545_032259.jpg

八合目を登りきるとようやく頂上が見えてきました。
c0139545_082447.jpg

すばらしい景観 九合目を過ぎた頃水もそこをついたが一気に頂上へ。
c0139545_0265258.jpg


巻機山山頂
c0139545_0303516.jpg
 

登りはこの辺でおしまい。
[PR]
by illman5 | 2011-08-08 23:14 | アウトドア